世界遺産。 - カタ・ジュタ奇岩群 ー

カタ・ジュタ奇岩群は、「アボリジニーの聖地」の一つで「カタ・ジュタ」とは「アボリジニーの言葉」で「多くの頭」と言う意味だそうです。 1987年にウルル(エアーズロック)=カタ・ジュタ国立公園」として、世界遺産に登録されました。


一泊二日のエアーズロックツアーに参加しました。最初のツアー訪問地はカタ・ジュタ奇岩群。
カタ・ジュタ奇岩群は、「アボリジニーの聖地」の一つで「カタ・ジュタ」とは「アボリジニーの言葉」で「多くの頭」と言う意味だそうです。
1987年にウルル(エアーズロック)=カタ・ジュタ国立公園」として、世界遺産に登録されました。
< MAP >

0
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »