ガウディ作品、カサ・バトリヨ。

1877年に建設された建物。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディが改築を行いました。この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施しました。 この邸宅の造形には様々な説があします。第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈です。この解釈によれば塔は聖人の構える槍とされます。カサ・バトリョには、ファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家」というあだ名もありますが、竜退治説によればこの骨もドラゴンの犠牲になったものたちの骨と理解されています。 第二の解釈は屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーは仮面を、ジュゼップ・マリア・ジュジョールによる様々な色の破砕タイルのモザイクが祭りの紙吹雪を表しているとする謝肉祭説です。 Wikipedia引用。


1877年に建設された建物。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディが改築を行いました。この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施しました。
この邸宅の造形には様々な説があします。第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈です。この解釈によれば塔は聖人の構える槍とされます。カサ・バトリョには、ファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家」というあだ名もありますが、竜退治説によればこの骨もドラゴンの犠牲になったものたちの骨と理解されています。
第二の解釈は屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーは仮面を、ジュゼップ・マリア・ジュジョールによる様々な色の破砕タイルのモザイクが祭りの紙吹雪を表しているとする謝肉祭説です。
Wikipedia引用。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments