エゼキエルの幻視 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1518年頃)です。
預言者エゼキエルが見たといわれるものを描いた作品です。ラファエッロがミケランジェロに敬意を表して描いたと言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
ゼキエルは幻影の中で、4つの生き物で形作られた玉座に座っている男が現れるのを見ています。これらの生き物は、牛の顔、鷲の顔、獅子の顔、そして人間の顔と、それぞれ異なる顔を持っています。この「出現」が預言者エゼキエルに語りかけ、エゼキエルは神が自分に語りかけていることに気付きます。
絵の中でエゼキエルは、絵の左下の光線の中にいる小さな人物として描かれています。教父、聖ヒエロニムスは、この4つの生き物を4人の福音書記者の象徴としました。人間はマタイ、ライオンはマルコ、牛はルカ、鷲はヨハネを象徴しています。
構成の容易さ、形の明瞭さ、そして人間の壮大さという新プラトン主義(※1)の理想を見事に表現している作品です。
※1:新プラトン主義とは、神の創造を模倣すること、より美しいものをリアルに描き出すことがイデア(完全なもの)の探求であるという考え。古代ギリシャの哲学者プラトンの考えで、人間は円や完全なもの、愛や善、美という概念を理解できるのは、イデア界というものをかつて天上界で見て知っているため、現世においてそれを想起でき模倣できるのだという考えから来ています。
イタリアのピッティ宮殿(フィレンツェ)所蔵。
<MAP>

+3
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments