冷戦時代は東西陣営を結ぶハブ空港だった、ウィーン空港。



ウィーン空港は1938年5月14日ドイツ空軍のシュヴェヒャート基地として開設されたことに始まります。オーストリアが冷戦時代に中立国であったため、東西陣営を結ぶハブ空港となっていました。今日でも旅客数の3割が東欧や中東方面への乗り換え客でだそうです。

0
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »