アーニョロ・ドーニの肖像 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1506年頃)です。
絵全体に明快さとバランスを生み出し、背景の明るく穏やかなイメージを使って、人物の性格を上手く表現している作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は若くて裕福な布地商人の姿を描いた油彩画作品です。
手は片方ずつ重ねられており、社会的地位を示唆するジュエリーを見せています。指輪には繁栄の象徴であるルビーと、透明感や清らかさを表すサファイアが使われています。ラファエッロは影と光の波を使って、アーニョロの力強さを強調しています。アーニョロはテーブルの端に片腕を置いて静かに座って待っています。またラファエッロは深いコントラストを使って、衣服の層の違いを表現し、キャラクターの深さを表しています。金色の髪の毛は左右対称に配置されており、服のバランスがとれていることから、緻密で正確な思考の持ち主であることを表しています。
衣服の細部は、アーニョロの富を示しています。、滑らかで広い筆致を用いて、一見静止した肖像画のダイナミクスを表現しています。アーニョロの目は、絵画の枠を超えた思考の強さを示しています。
絵全体に明快さとバランスを生み出し、背景の明るく穏やかなイメージを使って、人物の性格を上手く表現している作品です。
イタリアのビッティ宮殿所蔵。
<MAP>

+3
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments