ヘルシンキの観光名所。 - へルシンキ大聖堂 ー



へルシンキ大聖堂と大聖堂から見た近くの風景。
ヘルシンキ大聖堂は1830年から1852年にかけてネオ・クラシック様式に改築されたものです。カール・エンゲルによって独自にデザインされ、彼の後継者であるエルンスト・ロールマンによって継承されたそうです。
有名なヘルシンキの観光名所で、毎年350,000人を越える人々が教会を訪れます。教会は通常、信仰の奉仕と結婚式等のイベントに使用されているそうです。

2+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »